古い引き出しスライドを交換する方法

こんにちは! あなたはほとんどDIYの愛好家であり、家庭用キャビネットを更新することもすきだとおもいます。

引き出しのスライドレールの交換は、「やらなければならない」ことの1つで、古い引き出しのハードウェアが消耗すると、時々衝突音が発生します。その結果、引き出しがキャビネットの内側または外側に張り付いたり、折りたたまれたりして、中身があちこちに溢れ出します。

古い引き出しスライドレールの交換が難しい、または混乱している人もいます。 ここでは、5つの簡単なステップを紹介します。

ステップ1 –引き出しを取り外す

古いスライドレールを交換するには、ボックスから引き出しを取り外す必要があります。

引き出しをできる限り慎重に引き出します。 ボックスの前面を45度の角度で持ち上げます。 ドロワーの解放に成功しない場合は、ドロワーの背面を引き上げます。

多くの場合、引き出しをわずかに押し込み、ラッチを横に動かしてスライドレールを解放することにより、これらのラッチをバイパスできます。

ステップ2 –古いスライドレールを取り外す

すべてのハードウェアを古い引き出しから完全に取り外します。

手とドライバー用のスペースを確保するために、上下の引き出しを取り外す必要がある場合があります。

引き出しの背面にあるローラーやホイールに注意してください。 この作業には、フィリップのヘッドまたはマイナスドライバーのいずれかを使用する必要がある場合があります。また、一部の引き出しでは、ステープルを引き出しから取り出すだけで済みます。

ネジ穴を削ったり、木を傷つけたりしないように注意してください。

ステップ3 –新しい引き出しスライドレールの測定

巻尺を使用して、引き出しスライドレールの長さを測定します。 スケッチを作成し、各レールの長さと幅を示します。

スライドレールの長さに注意しながら、引き出しボックスの長さも測定してメモし、長いスライドレールに対応できるかどうかを確認します。

それぞれの長さは常に利用できるとは限らないため、柔軟に対応できるかどうかを確認する必要があります。

VADANIAの引き出しスライドを試してみることをお勧めします。古い引き出しスライドの多くは古く、寿命が短く、錆びやすく、しっかりとスライドするだめです。

ステップ4 –新しい引き出しスライドレールを購入する

古いスライダーの測定値を使用して、新しい引き出しスライドレールの適切なサイズを検索します。

適切なサイズを選択する方法は?

引き出しの奥行きを測定します(たとえば、奥行きが13in / 330mmの場合は、12in / 300mmの引き出しスライドを選択します。0.7in/ 20mm-1in / 30mmの偏差が適切です)

VADANIAの引き出しスライドレールについては、キャビネットが引き出しとキャビネットの間に13mmのスペースを確保していることも必要があります。

ステップ5 –新しいスライドレールをインストール

グライドを適切に配置して取り付けます。 一度に1つの引き出しを完成します。

グライドを引き出しボックスの上と引き出しの中に置き、右側が右側に、左側が左側に並んでいることを確認します。 前後のマーキングを確認して、後でタスクをやり直す手間を省きます。

最初にスライドをキャビネット内の引き出しボックスに取り付けます。 スライドを調整し、前のスライドの測定値を使用して、それらが水平であることを確認します。 グライドをねじ込みます。

引き出しスライドレールについても繰り返します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です